信用調査会社のブラックリストのリストに入っていると、たいていの消費者金融では審査に通ることはありません。ほぼ100%落とされてしまいます。ブラックリストとは、過去五年間のあいだに自己破産などの債務整理をした人や、支払いの遅延を繰り返した人などが対象となります。通常掲載される期間は五年間から七年間といわれています。
最終更新日 2016.6.25
0
総量規制が施行されて以降、大手銀行系の消費者金融はもちろんのこと、中小の金融会社まで審査が厳しくなりました。年収の三分の一以上の貸付が法律で禁止されたことが第一の要因です。また、今までは収入のない主婦でもキャッシングが可能でしたが、主人の承諾書の提出も義務付けられたことから、旦那に内緒でお金を借りることも不可能となったのです。借入件数の多い多重債務者や過去に事故歴のあるブラックリスト掲載者などは、お金を借りるところを探すのが大変になりました。
キャッシングローン
大手消費者金融|即日融資ok
消費者金融
いくら審査が甘い消費者金融といえども、そう易々とブラックなどに貸してくれるところはないでしょう。せいぜいクレジットカードの現金化を「無審査」などと偽って宣伝しているのが関の山です。当サイトでは、その中でも審査の甘い消費者金融とキャッシング会社を厳選していますので、多重債務者や軽いブラックの方でも審査に通る可能性が高いと思います。 さらに審査基準はパート・アルバイト・主婦や自営業、勤続年数が短い人も安定した収入があれば融資可能となっていますので、審査に通らないと不安になるよりも、まずは申し込んでみて下さい。
申し込み
即日融資
審査
web完結
ok
甘い
※注 土日祝は休業している金融会社が多いようです。

貸金業に登録していない業者を闇金融と呼称しますが、中でも暴利をむさぼる悪徳業者も存在します。そんな業者に引っかからないよう、クチコミ掲示板などを見てあらかじめ調査をしましょう。また、契約書の類にしっかり目を通して、騙されないようにしなければなりません。良心的な消費者金融会社は数多く存在します。そのような業者をチェックしておくと急なお金の入り用の際に便利です。お急ぎでお金必要な方は即日利用が可能な消費者金融ご利用下さい。

消費者金融の審査基準を検証しましょう!

信用調査会社に事故登録されていないか
過去に債務整理をした人などは信用調査会社のブラックリストに登録されています。これでは審査には通りません。通常、五年程度で抹消されますので、それから審査を受けると通常通り融資を受けることが可能です。もしもどうしても融資が必要な場合は、ブラック掲載期間の5年間が経過するのを待って下さい。
勤続年数と収入
勤務先の勤続年数は長ければ長いほど信用がつきます。通常、一年未満では審査が不利になります。また、総量規制が施行されて以降、収入証明の提出が義務付けられましたので、虚偽の年収を記載できなくなりました。300万円以上の年収があれば、問題なく審査に通るでしょう。
賃貸が持ち家か
居住地が持ち家か借家かでも、審査に大きな影響をあります。もちろん、持ち家や土地などの不動産がある場合は、信用も大きくなりますし、その逆に借家では信用も小さくなります。ただし、同じ借家に何年も居住している場合は信用も大きくなります。何年も家賃を継続して払っていることが信用に帰結するからです。また、たとえ不動産を保有していたとしても、銀行などの抵当に入っているようならば、逆に信用は落ちてしまいます。

以上の審査項目を、審査の申し込みをする前に、チェックしてみましょう。もしも一つでも不安な箇所があるようならば、審査に通ることは困難になります。一度でも審査に落とされてしまえば、そのことが信用調査会社の履歴に残ってしまいますので、審査に落ちることは回避せねばなりません。このような場合は、匿名で審査が受けられる匿名審査などを利用するとよいでしょう。

審査に通りやすい消費者金融とは

多重債務者やブラック対象者にとっては借りやすい金融、審査に通りやすい消費者金融は有り難い存在といえるでしょう。では、審査に通りやすい消費者金融とはどういった金融会社なのでしょう?大手銀行系や中小の金融会社ではそうもいきません。必ず厳格な審査が存在しますし、信用調査会社のブラックリストの対象者は100%審査に落とされてしまいます。過去に自己破産などをしていれば、信用がないからです。7年程度で削除されますので、その期間はお金を借りることが出来ません。しかし、人間生活する上でどうしてもお金が必要な時があります。友人や親類に借りれればいいのですが、一度信用を無くしてしまった人間にお金を貸してくる人は居ないのが現実です。そこで、そういった方のために存在するのが審査の甘い消費者金融です。大手銀行系うよりは少しばかり金利は高くなりますが、それは貸す側にとってもリスクがありますので、当然のことでしょう。審査が甘いので通りやすい仕組みになっております。借り入れ件数が5件以上の多重債務者でも審査に通るでしょう。年収の三分の一以上の借金があれば、総量規制の影響で借り入れをすることは出来ませんが、審査甘い金融会社では総量規制の対象外ですので、融資は可能です。掲示板や当サイトの情報を基に探せば、審査に通りやすい消費者金融情報が存在しますので、一度試してみて下さい。

大手と中小は金利が違います

たしかに大手の銀行系消費者金融の金利は低いところでは、4.7%で貸し出しています。また、60日間無利息ローンなどを扱っているところも少なくありません。それと比較すると、中小の消費者金融は少なくとも15%を上回っているところが多いので、大手と比較すると高金利なのは間違いありません。ただし、中小の消費者金融は大手と比較すると審査が甘く、借り入れ件数が多くとも融資をしてくれるところもあります。貸金業に登録をしていない闇金融ともなると、20%以上の金利をとるところもありますので注意が必要です。

審査が魅力の金融サイトlinks